VISITブログ | 訪問看護ステーションの転職&見学 求人情報サイト「VISIT」

VISIT

ビジネスブログ

2020年09月08日 [Default]

意思の上にも3年

こんにちわ!広報担当二号の川口です!
ブログのおさぼり癖がひどくなってきました(笑)!

良く「継続は力なり」という言葉を耳にしますが、これに近い意味合いの言葉に「石の上にも三年」という諺がありますね。
これはひとつところに留まるという信念が物事を成すということを意味するものですが、この諺が生まれた時代から、何かを成すにはそれ相応の継続が必要だ、という真理めいた教訓なんだろうと思います。

ただ実際に自分が発起人になって何かをしたことがある人であれば、継続に加えてもう一つ必要なものがあることをご存じではないでしょうか。

先に答え合わせをしておくと、そこには「成し遂げてやろうという意思」が非常に重要です。
つまり「意思を持って石の上に三年」ということですね。

ではここからは、なんで「意思」が必要なのかをお話させて頂こうと思います。

物事の継続にはエネルギーが必要、ということは多くの方が知っていることですね。
例えばよく出る例として…

禁煙・ダイエット・禁酒・ブログ

等が簡単に思い浮かびます。
確かに継続することが大変で、自分一人では続かないという方が多いのでライザップや禁煙外来、禁酒外来なんてものがあるわけです。
こうした継続って一朝一夕で成果が見えないものだからこそ、ゴールのイメージが見えずに断念に繋がってしまうのだと思います。

お仕事もある種近いところがあり、事業を立ち上げてみたけれどゴールのイメージが見えず、目先の採算に追われて撤退してしまう。
こうして倒れていった企画や事業、会社なんかはそれこそ星の数ほどあるのではないでしょうか。

継続をするためには「継続するためのエネルギーを生み出す意思」が必要です。
強く明確な意思を持って、行動を継続することでこそ成果につながるのではないでしょうか。

私自身も意思が弱いほうですが、自分に負けずに意思を持って継続をしていきたものです。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop