看護師復職支援RINGプロジェクト|訪問看護ステーションの転職&見学 求人情報サイト「VISIT」

VISIT

看護師復職支援「RINGプロジェクト」

看護師復職支援「RINGプロジェクト」

「RINGプロジェクト」とは地域ごとに訪問看護ステーションを拠点とし、看護師復職支援チーム作るプロジェクトです。
看護師の経験が浅い方、ブランクのある方、知識や技術に不安がある方、看護の現場が現在どうなっているのか・・・。
そんな不安があり一歩踏み出せないでいる方々に、「最初の一歩」として近所の訪問看護ステーションで短い時間で一通りの基本的な看護技術の復習を行います。

復職支援セミナー開催

space

看護師なら誰でも参加可能です!

RINGプロジェクト看護師復職支援セミナーでは、看護師であればどなたでも参加可能です。特に訪問看護に興味がなくて手技だけ確認したい方でも大歓迎です。
こんな方にご参加頂きたいセミナーです!
Check 看護師の経験が浅い、またはブランクのある方
Check 知識や技術に不安がある方
Check 訪問看護に興味がなくて手技だけ確認したい方
Check 訪問看護の現場の見学を中心にキャリアアップとして訪問看護に挑戦したい方
こんな方にご参加頂きたいセミナーです!
space

看護師復職支援セミナー

看護師復職支援セミナー

「RINGプロジェクト看護師復職支援セミナー」は、訪問看護ステーションにてちょっとの時間で一通りの手技の確認ができる看護師向け復職支援セミナーです。まずは針を触ったり医療機器に触れて意外に体が覚えている事を確認して下さい。
看護師復職支援セミナー内容
1部 ヒアリング(10分程)
※ご希望に合わせて下記の手技か3〜4つ選択※時間により限りがあります。
2部 手技の練習(60分〜90分程)
血圧測定、採血、サーフロ、注射(静脈注射、皮下注射、筋肉注射)、血糖値測定、点滴(滴下管理)
3部 ・質問や疑問についてお答えします
・アンケート
看護師復職支援セミナーを受けた感想や今後このようなことをやって欲しい等ご意見を記載していただいております。
(20分程)

訪問看護チャレンジセミナー

訪問看護チャレンジセミナー

「訪問看護チャレンジセミナー」では、訪問看護の現場の見学を中心にキャリアアップとして訪問看護に挑戦したい方向けのセミナーになります。
以前から訪問看護に興味があった方や、前職が入退院の多い職場で患者様に十分なケアができずもっとこのようなケアができたらと思っていた方、じっくりと患者様と向き合った看護がしたい方、もちろん大変なこともありますが他職種の方と連携しながら一人の患者様をサポートする一体感と直接患者・ご家族様から感謝の言葉を頂くことは単純にうれしく、とてもやりがいに感じる仕事ではあります。
訪問看護チャレンジセミナー内容
1部 訪問看護のお仕事とは(30分程)
▶具体的な業務の説明と流れ
▶訪問看護の各形態の説明
2部 訪問看護の見学と技術指導(60分〜120分程)
▶利用者様宅に同行訪問して業務の見学
訪問ルートによりますが、1〜2件程見学します。
▶訪問看護で必要な手技の確認
3部 ・質問や疑問についてお答えします
・アンケート
セミナーを受けた感想や今後このようなことをやって欲しい等ご意見を記載していただいております。
(20分程)
看護師復職支援セミナー開催場所
space

セミナー参加方法

「看護師復職支援セミナー」と「訪問看護チャレンジセミナー」に参加するには無料会員登録が必要になります。
個人会員登録がお済みでない方はこちらから新規会員登録を行ってください。
セミナー参加の流れ
1 研修・セミナー検索」ページより、「看護師復職支援セミナー」または「訪問看護チャレンジセミナー」を検索
2 エントリーフォームより必要事項をご記入の上お申込みください。
3 マイページに担当者よりメッセージが届きます。
4 担当者と参加日程の調整・疑問点などをご質問のやり取りをお願いします。
5 セミナー当日。※開始時刻の10分前には到着するようにお願いします。緊急時は直接連絡を下さい。

【法人様向け】RINGプロジェクト賛同者の募集

「RINGプロジェクト」に賛同いただける法人様を募集しております。
お気軽にお問合せください。

「RINGプロジェクト」の目的

「RINGプロジェクト」の目的

「RINGプロジェクト」では、看護師復職支援セミナーと通して看護師全体のボトムアップを目的としています。
平成24年の時点で潜在看護師約71万人と言われ、毎年拡大しています。
訪問看護ステーションの特徴として、日勤勤務、勤務時間が調整しやすい、同行訪問によるマンツーマンでの指導、子育てへの対応など復職看護師を受入れやすい職場環境であるといえます。
また、公益財団法人日本看護協会広報部の「2017年看護職員実態調査」の調査報告では、働いてみたい職場のトップは「訪問看護」で全体の60%、20代の若い世代では64.6%が働いてみたい意向を持っていました。
その為、訪問看護に関心はあるけど一歩踏み込めていない、または関心が無かった層にも訪問看護のおもしろい面も大変な面も双方を示すことでより広い層にアピールし、訪問看護ステーションへの関心を高めていきたいと考えております。

「RINGプロジェクト」の発展

RINGプロジェクト復職支援セミナーは、地域で3施設以上のステーションがチームを組んでローテーションで復職支援セミナーを開催することでスタッフや経営への負担が少なく継続していくことができます。また、メンバーが増えることでスタッフの教育を共同して行ったり、他職種、他施設との連携、地域住民への情報提供やイベントに参加することで地域包括ケアシステムの構築を目指しています。
RINGプロジェクトチームのご紹介
RINGプロジェクト江戸川チーム ■ぱれっと訪問看護リハビリステーション
東京都江戸川区船堀
最寄り駅:船堀駅徒歩5分
http://www.palette-hokan.com/
  • Facebook
  • Twitter

PageTop